やらなければならないこととそうでもないこと

最近になって、自分の時間やタスクの進め方に関して、いろいろと試行錯誤しています。
いままで「なんとなく」という感覚でやっていたのですが、もちろんそういうやり方ではうまくいかないことが多いです。
やり忘れていたりだとか、やるべきタイミングを逃してしまったりだとか、結局、そういう怠惰や怠けは自分に返ってくることになります。
近頃、自分で意識して行っているのは、時間を区切り、その時間の中でやるべきことを考えて、そしてリスト化するというものです。
これを始めてから、ずいぶんと多くのタスクを処理できるようになったし、時間の感覚というのも身に付いてきたような気がします。
そして、それ以外にも多くの気付きをもたらしてくれました。
当たり前のようなことかもしれませんが、毎日多くあるタスクの中には、「やらなければならないこと」とそうではないものがあります。
何も考えずに行動していると、この2つがごっちゃになってしまい、結果としてやらなければならないことが時間切れで出来ないということが起こります。
いまの方法が良いかどうかは別として、そういうことに気付けたというのも大きな収穫なのかもしれません。ミュゼ ログイン 予約登録