台湾スイーツが美味しい日本初上陸の「騒豆花」

新宿で気になっていた日本初上陸の台湾カフェが7月上旬にオープンしたので、早速行ってみました。新宿ミロードの七階にあり、台湾では行列のできるほど大人気の「騒豆花」というお店です。テレビでも以前紹介されていましたが、店内の前には数人並んでいて、少し待って入店しました。新鮮なフルーツをたっぷり使った季節限定のスイーツ「マンゴースイカ豆花」1380円を注文しました。一口サイズに切ったマンゴーとスイカがたっぷり入り、透明なタピオカも入っていて、下に豆乳を固めたものが入っているのですがほんのり苦味があるので、その上に甘いソースがかかっていて、美味しかったので一気に食べてしまいました。豆花は、豆を豆乳にするところから作っていて、手間ひまかけて店舗で作っているそうです。日本でよくある豆乳や豆腐の味とは少し違っていましたが、食感は柔らかい絹豆腐のような感じでフルーツも入っているので体に良さそうです。店内は、台湾か中国系の店員さんや、お客さんがたくさんいました。若い女性やカップルが多かったですが、台湾のモデルさんのようなキレイな方もいて、これから人気が出そうなお店だなと感じました。